vinegaronion-1
玉ねぎとお酢のダブル効果!簡単「酢玉ねぎ」レシピ

ぽっこりお腹にとても効果がある「玉ねぎ」。
玉ねぎには、「ケルセチン」という成分があり、これが脂肪分解酵素を活性化させ、体脂肪の分解・燃焼を促します。
脂肪が燃えやすい身体を作ってくれるんですね。

そして、お酢。お酢は身体にいいことずくめのスーパーフードなのですが、ぽっこりお腹的には、酢酸が肝臓で脂肪が生成されるのを抑制し、糖の吸収を緩やかにすると共に、代謝も促進してくれます。

この脂肪燃焼効果の玉ねぎと代謝促進効果のお酢、いっぺんに摂れる方法があるのです。
それが、今回ご紹介する「酢玉ねぎ」。
酢玉ねぎ
これを、毎日の食事に積極的に取り入れることで、ぽっこりお腹を解消することができるようになるのです!

酢玉ねぎの作り方

酢玉ねぎの作り方はとても簡単。
玉ねぎを切って、お酢に漬け込むだけ。
手順を追ってご説明します。

1.玉ねぎは縦半分に切り、縦方向にできるだけ薄く切る
酢玉ねぎの作り方
薄くスライスすることで、お酢となじみやすく、「やせ成分」がしみしみに。
できるだけ薄く切るようにしてください。

また、一度に2個分作ると、毎日50gづつ食べても1週間継続可能なので、2個分一度に作ることをおすすめします。

2.お酢を強火で沸かし、薄く切った玉ねぎを加える
酢玉ねぎの作り方
お酢を一度沸かすのは、お酢独特のツンと来る酸味を軽減するため。これで味がまろやかになります。
また、玉ねぎの辛味もお酢に溶け込んで薄まり、食べやすい味になります。
なお、「火を入れると栄養成分が飛んでしまうのでは?」という心配は無用。沸騰させても酢酸とケルセチンは壊れないので安心を。

3.再度沸いたら火を止め、はちみつを加える
酢玉ねぎの作り方
はちみつを加える事で、より食べやすい味に整えられると共に、はちみつの持つ腸内善玉菌を増やす効果により、排泄力がアップ。醤油や味噌などの和食材との相性も向上します。


どうですか?そんなに難しいことはないと思います。
ポイントは、玉ねぎを薄く切る、ということ。
もし面倒ならスライサーを使ってもOKですが、できれば縦方向に切るのがおすすめです。

酢玉ねぎを使った簡単和食レシピ

それでは、今回簡単に作った酢玉ねぎを使ったレシピをご紹介します。
どれもそれほど難しくないですし、毎日食べても飽きないメニューになっています。
美味しく食べて、身体にいい、ぽっこりお腹撃退メニューです。

酢玉ねぎ冷奴

酢玉ねぎ冷奴
これはとても簡単なアレンジメニューですね。
絹こし豆腐を切り、ネギや三つ葉などを載せてから酢玉ねぎ40gを載せるだけ。
あとはお好みの薬味と醤油をかけるだけです。
ほとんどレシピというほどのものではない、極簡単レシピです。
これでも、さっぱりとした冷奴に、酢玉ねぎの甘酸っぱさがよく合います。

酢玉ねぎなます

酢玉ねぎなます
これも簡単ですね。
大根・にんじんを皮をむき、長さ5cmの千切りにします。
ボウルに大根・にんじんを入れ、塩小さじ1/4を入れて10分ほどおきます。
水気を切り、酢玉ねぎの具70gと汁大さじ1/2、塩少々、あれば柚子の皮の千切り少々を加えてあえて、出来上がり。
このメニューは、酢玉ねぎの効果とともに、大根の食物繊維も排泄力アップにつながるので、更にぽっこりお腹に効くメニューになっています。

酢玉ねぎとかぶの梅あえ

酢玉ねぎとかぶの梅あえ
かぶ2個は皮をむいて幅5mmの半月切りにします。
かぶの葉は幅1cmの小口切りにします。
ボウルにかぶと葉を入れ、塩小さじ1/4を入れて10分ほどおきます。
水気を切り、酢玉ねぎの具50gと汁小さじ1、梅肉1個分を加えて混ぜあわせれば完成。
このメニューでは、酢玉ねぎの他に、身体に様々な良い効果をもたらす梅が加えられ、美容と健康にとてもいいメニューになっています。

酢玉ねぎといんげんのごまあえ

酢玉ねぎといんげんのごまあえ
さやいんげん200gを、へたを切ってから長さ4cmに切りそろえます。
お湯を沸かし、塩少々を加えていんげんを1分ほど煮ます。
ざるにあげてからボウルに移し、醤油小さじ1をからめます。
酢玉ねぎの具50gと白すりごま大さじ1と1/2を加えて、さっとあえれば出来上がり。
このメニューも、身体に良いごまがたっぷり含まれている、健康メニューです。